JCASTニュース

コロナだからしょうがない? JR「終電繰り上げ」が将来に残しそうな禍根 | J-CASTニュース

JR東日本は来春のダイヤ改正で、東京駅から100キロ圏内のほぼすべての在来線で終電時刻を30分程度早める。JR西日本も来春、主な在来線の終電を10~30分繰り上げると発表、終電を早める動きが広がっている。新型コロナウイルス問題で乗客が減少していることなどが要因だが、コロナ禍に苦しむ飲食店などへの影響、「終電難民」の発生も懸念されている。設備保守の負担軽減も目的?JR東が首都圏の路線で終電を一斉に繰

Source

「新快速」関西走って半世紀 飛躍の秘訣は「座席」と「扉」にあり? | J-CASTニュース

JR西日本の関西圏で運転されている「新快速」が、2020年10月で50周年を迎えた。現在は敦賀駅(福井県)から滋賀県、京都府、大阪府を経て、播州赤穂駅(兵庫県)・上郡駅(兵庫県)にいたる2府3県に運転区間を拡大し、JR西日本の看板列車に定着している。半世紀にわたって関西の鉄道に果たした功績は大きいが、その一つを「座席サービス」の視点からさぐってみた。「3扉・転換クロス」をスタンダードに1970年1

Source

error:
Scroll to Top