Japanese

モトローラのスマホは「2019年度比で倍以上に」 ハイエンド機にも意欲 松原社長に聞く | ITmedia

ミドルレンジモデルの販売が上向いていることを好機と捉え、モトローラは日本での事業をさらに拡大しようとしている。その一環として、7月1日には松原丈太氏が社長に就任。松原氏は、ハイエンドモデルも含め、モトローラ端末のバリエーションを広げていきたいと語る。

Source

モトローラ、2万円台のミッドレンジ「moto g9 play」、3万円台でスタイラスペン付きの「moto g PRO」発表 | ITmedia

モトローラ・モビリティ・ジャパンが、スマートフォンの新モデル「moto g9 play」と「moto g PRO」を10月30日に発売する。moto g9 playは、6.5型の大きなディスプレイやトリプルカメラを搭載しながら2万円台の価格を実現。ビジネス向けのmoto g PROは、本体に収納できるスタイラスペンが付属する。

Source

アビガン数奇な23年 研究員は上司に内緒で探し始めた:朝日新聞デジタル | 朝日新聞デジタル

■経済インサイド コロナ禍で期待が高まる、日本で開発された薬「アビガン」。安倍晋三前首相ら政権幹部が製造販売の承認に前のめりだった一方で、臨床試験は遅れた。実はこの薬が「発見」されたのは20年以上前。…

Source

日航、赤字2000億円強 コロナで旅客減続く―9月中間:時事ドットコ | 時事通信ニュース

日本航空の2020年9月中間連結決算で、本業による損益に当たるEBIT(税・利払い前損益)が2000億円強の赤字となる見通しであることが25日、分かった。新型コロナウイルスの影響で旅客需要の低迷が続き、国際線を中心に大幅な赤字となった。

Source

ANA、社員3500人削減へ 一部は他社に出向を要請(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース | Yahoo!ニュース

ANAホールディングス(HD)が、外部企業に社員の出向受け入れを要請したことがわかった。定年退職による自然減や、新規の採用活動の停止、希望退職などとあわせ、2022年度までに3500人程度の要員削

Source

error:
Scroll to Top